オートローンは総量規制対象外になるの?

の対象となるのは、貸金業法の下で業務を行う貸金業者のことで、消費者金融業者や信販会社の商品が対象となります。従って、貸金業者の提供するカードローンなどの場合には総量規制の対象となり、年収の3分の1以上の融資をすることはできません。つまり、貸金業者ではない銀行カードローンは総量規制対象外の商品となり、年収制限を受けることもありませんし、収入証明書の提出も銀行の独自審査基準で決めることができます。
また、貸金業者の商品の中にも総量規制対象外の商品はあります。代表的なものは目的別ローンといわれるもので、例えばオートローンです。オートローンは、自動車購入を目的としたローンですので総量規制対象外の商品となります。オートローン以外でも、借り換えを目的とした借り換えローンなども同じく総量規制対象外となります。
オートローンは信販会社から提供されている場合が多いですが、言うまでもなくこれらは総量規制対象外となります。また、ディーラーが提供する提携ローンも信販会社提携のものがほとんどですので同じく総量規制対象外です。また、銀行や信用金庫などからも低金利のオートローンが提供されていますが、銀行や信用金庫などは貸金業者ではありませんので、銀行や信用金庫などが提供するオートローンも総量規制対象外となります。銀行カードローンの場合には、低金利で最大利用限度額も大きな額のものがほとんどですので、目的別ローンであるオートローンの代わりに利用することもできます。